SEDONA

パワースポット、秘境の地として知られるセドナ。でも、そのブームも今では色褪せた感が否めません。日本で神社仏閣を巡るパワースポット巡りブームが落ち着いた感もありますしね。パワースポット自体が死語になりつつあるのでは?? あるいはブームが去って、一定の地位に定着したとも言えそうですが。

日本からの見方ではブームかも知れませんが、現地からすると、それはどうでも良いことのように思えます。セドナはセドナ。地球が地球であるのと同じです。変わるのは‟人”で、大地は変わりません。ヒトは変化しているからヒトとなりえる。どんな人も時代に取り残されないように必死に自分を変えようとしています。変化に対応できないとヒトは生きては行けません。

でも、セドナは変わらない。人類が生まれる前からセドナの地はある。もちろん、人類がセドナという名前を付けましたがーしかも、その名前は1902年 つまり、つい30年ほど前に付いた名前ですが、その遥か400万年も前にセドナはここにありました。セドナだけでなく、グランドキャニオン、モニュメントバレーなど私がここでご紹介する‟WILD WEST"は少なくとも400万年前には、現在の形になったとされています。

​ヒトは目まぐるしい変化の中で生きているからこそ、不変である自然を求めます。

もっとも、厳密には地球も宇宙も変化しています。ですが、人類の時間と大地の時間はまるっきり別物です。ヒトの物差しで大地は測れない。

大地の時間、それがこの地にはあるんです。それをわかり易く人類に言葉に置き換えたもの、それが‟ボルテックス”です。

SEDONAの楽しみ方

先ずはトレイル(Trail)に入りましょう。トレイルとは日本でいうトレッキングコースや登山道に当たる言葉です。アメリカではトレッキングは数日かける縦走、シンプルなアウトドア・アクティビティはハイキングという言い方が一般的です。

セドナにはハイキングトレイルが約200本!短いもので片道約30分、長いものだと泊りがけで行くぐらいのものもあり、そのそれぞれに色々な特徴があります。もちろん買い物も良いですが、セドナでは絶対に歩いてください!!

Photo by Koh Tanaka

どこに行くのか?ではなく、何をするのか?

出来れば​「事前に調べたプランは事前のプランとして参考程度に…」とお伝えしたいです。事前に調べることは重要です。訪れる前に色々調べ、ああしよう、こうしたい!と思いを馳せる。実はそれが旅の目的の一部でもあるほど‟わくわく”ものですよね。それに今ではGoogleることは当たり前。

ですが、ちょっと待ってください。日本にいてセドナのことを考えたり、他人が行った評価を頼りだけに行く場所を決めることは、セドナらしい巡り方だとはいえません。つまり、事前に調べた場所の再確認をするのではなく、現地に来てから現地に触れたあなた自身でセドナの巡り方を捉えて頂きたいのです。自分自身が自分の方向を決めるのです。その決定に力を貸してくれる、それが現地の土地です。

土地にはその土地独自の指向性があるからです。

ご質問は…

選択肢が知りたい…

夜のセドナ

セドナは「International Dark Sky City」を掲げるほど街全体で夜の暗さ・静けさを保とうとしています。ほとんどのレストランが22:00には閉まる理由はそこにあります。単にお年寄りが多いからではありません(笑)セドナに来て「夜、何して良いか分からなかった!」と思った人も多いはずです。日本では防犯上の問題もあり、どんなに田舎町でも、セドナほどの暗さはないでしょう。コンビニも少ないですしね。だから、星や月の存在感を感じることが出来るのもセドナの街の特徴です。ホテルからほんの少し裏に入っただけで天の川(Milky Way)が普通に見えます。

そして、私が夜のセドナにこだわるもう一つの理由があります。私はこれまでどうしたら多くの方が「自然から感じる           を無理せず、楽しく、気付く事が出来るのだろうか?を考えてきました。私の経験からそれはある意味‟自然のなかで極限状態”を体験した時、出現するように感じました。山岳宗教の滝行や山を駆ける山行や護摩焚き、4泊5日飲まず食わずのビジョンクエストもそれに近いものです。吹雪の中の雪崩管理もそれにあたるでしょう。でも、そんな肉体的・物質的な極限ではなく、また、瞑想という時間や土地に関係無いもの*ではなく、簡単に体験できるものを探していました。なんで今まで思いつかなかったのか不思議なくらい、それは夜という存在に潜んでいたことに気づいたのです。夜は恐怖を意味する場合もある通り「未知の世界」なかなか一人では行きにくい。でも、行ってみればわかる通り、その世界はやさしさに満ちています。恐怖は人が作り出すもので、大地に恐怖はありません。そのやさしさが          です。

トレイル

私が特に好きなトレイルをご紹介します。ご参考に…  

Bell Rock Rector Connector  

Into The Deep Earth 

  Cornville,AZ 86325

Tel: +1-702-277-2252   

Email:  intothedeepearth@gmail.com

©2015 by KOH TANAKA  Proudly created with Wix.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon